ISAレースのカギは「口座開設」の簡素化

日本版ISA導入で始まる銀行・証券の口座獲得戦争(2)

 

日本版ISAの課題は多い。手続きの煩雑さを克服できるか(野村證券、撮影:吉野 純治)

 

2014年1月の開始に向けて、銀行、証券会社の間でテンションが急上昇しだした投資非課税制度、日本版ISA。だが、国民レベルで同制度が十分に理解されたわけではない。専用口座開設の手続きには煩雑な部分があることも否めない。じつは、そこがISAレースの鍵を握る。

紆余曲折のうえ、「10年間」で決着

日本版ISAは、少額投資の譲渡益、配当に対する非課税制度の仮称だ。その「本家本元」であるISA(Indivisdual Saving Account)は英国が1999年4月に創設した非課税貯蓄制度。いまや、世帯普及率が40%に達する国民的な貯蓄制度となっている。

わが国でも、ISAのような非課税制度の導入を、という発想が生まれたのは08年のことだった。そこには、わが国が抱えた様々な論点があった。株式市場の長期低迷による投資効果の乏しさ、若者世代の貯蓄率の著しい低下、一部の売り手の間で横行する不適切な販売姿勢等々である。そこで、金融庁は09年度税制改正に「日本版ISAの導入」を盛り込んだのだが、結局、改正を経たうえで最終的な政治決定が下されたのは今年1月だった。

次ページ3年や5年と、10年では大きな違いがあった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT