インドネシアのイスラム教団体、ポケGO黙認

宗教指導者団体、宗教上の禁止令を出さず

 7月21日、世界中でヒットしているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」について、世界最多数のイスラム教徒を抱えるインドネシアの宗教指導者団体は、宗教上の禁止令を出さないことを明らかにした。ジャカルタで撮影(2016年 ロイター/Iqro Rinaldi)

[ジャカルタ 21日 ロイター] - 世界中でヒットしているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」について、世界最多数のイスラム教徒を抱えるインドネシアの宗教指導者団体は、宗教上の禁止令を出さないことを明らかにした。

同国のイスラム指導者会議(MUI)は、ポケモンGOに対する公式な声明は発表していない。ただ、MUIの幹部であるAmidhan Shaberah氏はロイターに対し、人々が仕事や勉学を怠って「中毒症状」になる危険性があり、「メリットよりもデメリットの方が大きい」との見方を示した。

現地報道によると、同国の安全保障当局者は、敵対者がポケモンGOを経由して機密性の高い衛星データを盗む危険があるとの警戒感を表明。ジャカルタの大統領宮殿の敷地内での利用は禁じられた。

ポケモンGOはまだインドネシアでリリースされていないが、すでに数万人が、他国向けのアプリを利用してプレーしている。ラジオ番組の司会者をしているMohammad Resja Ilhamさん(24)は、通勤途中にこのゲームで遊んでいるといい、「現実的な理由がない限り、やめるつもりはない」と話した。

同じくイスラム教徒の多いサウジアラビアでは20日、イスラム教聖職者団体が「ポケットモンスター」は反イスラムとの宗教令(ファトワ)を復活させた。ただ、この宗教令は、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」については言及していない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。