インドネシアのイスラム教団体、ポケGO黙認

宗教指導者団体、宗教上の禁止令を出さず

 7月21日、世界中でヒットしているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」について、世界最多数のイスラム教徒を抱えるインドネシアの宗教指導者団体は、宗教上の禁止令を出さないことを明らかにした。ジャカルタで撮影(2016年 ロイター/Iqro Rinaldi)

[ジャカルタ 21日 ロイター] - 世界中でヒットしているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」について、世界最多数のイスラム教徒を抱えるインドネシアの宗教指導者団体は、宗教上の禁止令を出さないことを明らかにした。

同国のイスラム指導者会議(MUI)は、ポケモンGOに対する公式な声明は発表していない。ただ、MUIの幹部であるAmidhan Shaberah氏はロイターに対し、人々が仕事や勉学を怠って「中毒症状」になる危険性があり、「メリットよりもデメリットの方が大きい」との見方を示した。

現地報道によると、同国の安全保障当局者は、敵対者がポケモンGOを経由して機密性の高い衛星データを盗む危険があるとの警戒感を表明。ジャカルタの大統領宮殿の敷地内での利用は禁じられた。

ポケモンGOはまだインドネシアでリリースされていないが、すでに数万人が、他国向けのアプリを利用してプレーしている。ラジオ番組の司会者をしているMohammad Resja Ilhamさん(24)は、通勤途中にこのゲームで遊んでいるといい、「現実的な理由がない限り、やめるつもりはない」と話した。

同じくイスラム教徒の多いサウジアラビアでは20日、イスラム教聖職者団体が「ポケットモンスター」は反イスラムとの宗教令(ファトワ)を復活させた。ただ、この宗教令は、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」については言及していない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT