日立、“孝行息子"の苦戦に翻弄

金属、建機など子会社不振で利益半減 

試されるグループ力

来14年3月期に向けても、なお不透明感が漂う。

電力や社会インフラ関係の受注残高は増加傾向にあるものの、「今の雰囲気を見ると、4~6月期の需要は強くなさそう」(中村豊明副社長)。建機や半導体製造装置といった量産系ビジネスがいつ頃回復するのか。それが成長路線を維持できるかのポイントになりそうだ。

グループ全体の成長路線は不透明でも、営業利益は着実増が見込めそうだ。日立グループは全社を挙げてコスト削減プロジェクトを12年8月にスタートしたばかり。15年度までに4000~4500億円のコスト削減を掲げ、今期だけで700~800億円を削減できる見込み。来期は1000億円減を見込むが、どこまで達成できるのか。グループ力が試されている。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT