アウディ「A5」に見るクーペの贅沢と美しさ

その乗り味は楽しく意外なほどシャープだ

エンジンフードが先端部まで回り込むようになり、パワードームと呼ばれる膨らみを与えられた

とても楽しいA5 クーペ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

人気が高いアウディ A5クーペがフルモデルチェンジ。本国で試乗会が開催された。乗ると驚くほど快適でスポーティで、感心する出来のよさなのだ。

2016年初夏発表された新型アウディ A5クーペ。GQ読者なら興味を惹かれるだろう。なにしろクーペというのは魅力的だから。適度なぜいたく感と、乗るひとの趣味性を感じさせるスタイルがいい。アウディ A5クーペは2007年発表以来衰えない人気を保ってきたアッパーミドルクラスの2ドアだ。その長所は繊細な美しさに加えて、4人の大人が乗れる実用性にある。ほかに類のない独自のスタンスを確立したことが人気の背景だ。新型もいいところは受け継ぎ、伸ばすべきところを伸ばした感じである。

さっそくご報告の試乗はポルトガルのリゾート、ポルトとその近郊で。美しい自然と優雅なリゾートホテルによって、欧州をはじめ世界各地の観光客を惹きつけているところだ。クルマのおもしろさは、そのキャラクターによって、なんとなく合う場所を持つところだ。その点、欧州の富裕層が愛するポルトは、エレガントという印象が強い新型アウディ A5クーペにぴったりの場所のように思えた。

アウディでは、しかし、「走りのよさも味わってもらいたくてこの場所を選んだ」と試乗会に先立って本国の広報担当者が教えてくれた。雰囲気だけで終わらせたくないということだ。ポルトの空港前の特設会場にずらりと並べられた新型A5クーペに乗りこみ、そこから山岳部を走るコースで、山をいくつも越えて新型A5クーペの魅力を味わってもらおうというのが、アウディ本社の企図するところであった。

 

次ページポルトガルを走ってたどりついた結論は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT