イケア、6人死亡受け3600万個のタンス回収

北米で子供が下敷きになる事故が複数報告

 6月28日、スウェーデン家具大手のイケアは、米国およびカナダで、衣類の収納などに使うたんす約3600万個をリコールする。写真はスイスのシュプライテンバハで4月撮影(2016年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ワシントン 28日 ロイター] - スウェーデン家具大手のイケア[IKEA.UL]は、米国およびカナダで、衣類の収納などに使うたんす約3600万個をリコール(回収)する。米消費者製品安全委員会(CPSC)が28日に発表した。

CPSCによると、問題のたんすは、壁とつないで固定していないと倒れる可能性がある。たんすが転倒して子供が下敷きになる事故が複数報告されており、これまで関連事故で6人が亡くなった。

イケアは、たんすの代金を返金するか、壁と固定する用具を無料で提供する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。