EU外相らが英国に「早期離脱」を要求

独首相は性急な動きけん制

 6月25日、国民投票で英国が欧州連合(EU)からの離脱を決めたことを受け、独仏伊などEU主要6カ国の外相は会合で、英国はできる限り早期に離脱すべきとの点で一致した。一方、メルケル独首相(写真)は、大急ぎで離脱プロセスを開始する必要はないと述べるなど、より融和的な姿勢を示した(2016年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン/ヘルマンスベルダー 25日 ロイター] - 国民投票で英国が欧州連合(EU)からの離脱を決めたことを受け、独仏伊などEU主要6カ国の外相は25日の会合で、英国はできる限り早期に離脱すべきとの点で一致した。一方、メルケル独首相は、大急ぎで離脱プロセスを開始する必要はないと述べるなど、より融和的な姿勢を示した。

メルケル首相は所属政党の会合で「交渉は実務的に、良い雰囲気の下で行われるべきだ。英国は引き続きパートナーであり、経済的な繋がりも深い」と述べたうえで、離脱プロセス開始のための最初の手続きである「EU条約第50条」の行使を英国が急ぐ必要はない、と付け加えた。

首相は「何年もかけるべきではない。それは確かだ。しかし、今短期間で片づけるつもりはない」と述べた。

ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセングルグの6カ国外相らは共同声明で、「英政府ができるだけ早期に、この決定を実行に移すことを期待する」とし、英政府に離脱プロセスをすぐに開始するよう求めた。

欧州議会のシュルツ議長も英国に対し、28日のEU首脳会議で離脱プロセス開始を提起するよう求めた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT