13万5275社――10年ごとの節目の周年を迎える会社の数《気になる数字》

周年記念を迎える会社は13万5275社――。帝国データバンクの調べによると、10年刻みの周年を2013年に迎える会社は、日本全国で13万社超に上るという。そのうち「100周年」という大きな節目を迎えるのは1425社。株式上場会社では、ハウス食品や住友化学など15社しかない。

10年刻みの節目で最も多いのが「40周年」企業で2万8892社。これらの企業が創業した1973年は第1次オイルショックのあった年だ。危機の中で事業を起こし、継続してきた強さを持つ。次に多いのは「10周年」企業で2万2592社。以下、「30周年」「20周年」「50周年」「60周年」と続く。

周年を迎える企業を業種で見ると、時代ごとに違いがある。10周年では「サービス業」が最多だが、50周年では「建設業」、100周年では「小売業」、150周年では「製造業」が最多となっている。時代とともに、起業の多い業種が変わってきたことが想像される。

周年企業の売上高を比較すると、長寿企業の条件が見えてくる。売上高1億円未満企業の比率は、10周年では60%に達するが、50周年51%、100周年42%と低下する。一方、売上高10億円以上企業の比率は、10周年5%だが、50周年9%で、100周年になると17%へ上昇する。売り上げ規模が小さいまま長寿を迎えるのは難しい。

(データ事業局「気になる数字」調査班 =週刊東洋経済 2013年1月12日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT