プジョー「208GTi」、乗ってわかった実力

このホットハッチは鋭く、そして楽しい

プジョー208GTiは、着実にファンを増やしている

毎日が楽しくなるようなクルマ「プジョー208GTi」

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

毎日が楽しくなるようなクルマ。それがフランスのプジョーが手がけた208GTiだ。ドイツ車や日本車とはまた違った魅力あふれる1台である。

プジョー208GTiは、いわゆるホットハッチ。運転の楽しい、スポーティなハッチバック車を、こう呼ぶ。前身ともいえる205GTIは1984年デビュー。日本でも大いに人気を博した。その後継を謳う208GTi。2015年10月にマイナーチェンジ版の日本発売が開始され、着実にファンを増やしているようだ。

全長3975mmの2ドアボディに、最高出力153kW(208ps)、最大トルク300Nmとパワフルな1.6リッター4気筒エンジンを搭載。6段マニュアル変速機を介して前輪を駆動する。このエンジンのフィールが抜群なのだ。最大トルクは3000rpmから、最高出力は6000rpmからと、比較的高回転型のエンジンだが、クラッチをつないでアクセルペダルを少し強めに踏み込んだだけで、弾かれたような加速感である。

次ページ操作性はどうなのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。