プジョー「208GTi」、乗ってわかった実力

このホットハッチは鋭く、そして楽しい

プジョー208GTiは、着実にファンを増やしている

毎日が楽しくなるようなクルマ「プジョー208GTi」

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

毎日が楽しくなるようなクルマ。それがフランスのプジョーが手がけた208GTiだ。ドイツ車や日本車とはまた違った魅力あふれる1台である。

プジョー208GTiは、いわゆるホットハッチ。運転の楽しい、スポーティなハッチバック車を、こう呼ぶ。前身ともいえる205GTIは1984年デビュー。日本でも大いに人気を博した。その後継を謳う208GTi。2015年10月にマイナーチェンジ版の日本発売が開始され、着実にファンを増やしているようだ。

全長3975mmの2ドアボディに、最高出力153kW(208ps)、最大トルク300Nmとパワフルな1.6リッター4気筒エンジンを搭載。6段マニュアル変速機を介して前輪を駆動する。このエンジンのフィールが抜群なのだ。最大トルクは3000rpmから、最高出力は6000rpmからと、比較的高回転型のエンジンだが、クラッチをつないでアクセルペダルを少し強めに踏み込んだだけで、弾かれたような加速感である。

次ページ操作性はどうなのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT