12年8月によく読まれた記事は?

年忘れ特別企画 ランキングで振り返る2012年

2012年も残りわずか。シャープやパナソニックの苦境、iPhone5の登場、中国の反日デモ、そして政権交代――。今年もさまざまな出来事がありまし た。心身ともに気持ちをリフレッシュして新たな年を迎える前に、今年を総括したいものです。そこで、年忘れ特別企画として、今年、「東洋経済オンライン」 で読まれた記事を月ごとのランキング形式で紹介しながら、2012年を振り返ってみましょう。8月はリクルートに関する記事がよく読まれました。
週刊東洋経済8月25日号では「リクルートの正体」を総力をあげて取材しました。(撮影:尾形文繁)

2012年8月 東洋経済オンライン アクセスランキング

(タイトル名をクリックすると各記事を読むことができます<東洋経済オンラインサイト上のみ>、カッコ内は配信日)

1位 追い込まれるシャープ、5000人の大リストラ (8月17日)

2位太陽光発電バブル、土地争奪戦の実態 (7月25日)

3位 リクルート株上場なら、含み益はいくら?保有各社の皮算用(8月20日)

4位 独り勝ち・『ゼクシィ』商法の光と影 (8月24日)

5位 株式上場で世界一を狙う――峰岸真澄・リクルート社長 (8月29日)

6位 日本最大のITイベントで語られた、ITベンチャーのホンネ(8月15日)

7位 コンプガチャ規制に揺れるグリー、連続増益記録に暗雲 (8月14日)

8位 付録付き雑誌バブル崩壊!…では、どうする?(8月20日)

9位 平和・PGM連合が繰り出した“盲点”突く資本増強策とは(8月21日)

10位 リクルートの「広告主」という“顔”(8月23日)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。