「地方移住」ブームに浮かれる面々にモノ申す

すごい人のモデルケースは参考にならない

常見:なるほど。しかし、ブームの中、話題になる人は、いつも真似できないような“すごい人”ばかりですよね。たとえば、今は高知県で活躍するブロガーのイケダハヤトさんなんかがそうです。移住によりその都市に注目が集まるというのもメリットなんだろうなと思います。彼は地方移住に関しては成功者かもしれませんが、果たして一般の人たちが真似できるのかと。

速水:雑誌に載っているような地方移住のモデルケースって、デザイナーとか建築家とかセレクトショップオーナーとか、そういう特殊な職業の人たちばかりでまったく参考にならない。実際に、都会での忙殺されるようなライフスタイルから逃げ出したい人たちは多いし、ゆとりを求めて、大幅に給料は減ったけど地方で暮らして楽しいという人たちもいることはいるんです。そういう人たちのケースも、実家の支援があったり、結局コネクションとかが必要だったりと、そうそうモデルケースにはできない。

常見:確かにそうですね。以前、若者の就職支援をする全国のジョブカフェを取材したことがありますが、東京でのサラリーマン経験が生きる仕事が地方にどれだけあるのか疑問に思いました。地方によって産業構造はさまざまです。だから、移住先や今の業種によっては、また0からキャリアを築かなければいけないリスクもある。

そういう意味で、地方移住を考える際は、地元にどんな産業や会社があるのかリサーチが必要です。たとえば、石川県だと建機大手のコマツが有名ですが、それ以外にも液晶ディスプレイのEIZO、I-Oデータやガソリンスタンドの洗車マシンのトップ企業があります。だから、地方移住を考えている人には、まず自分の住みたい土地にどんな産業や会社があって、そこで自分の能力や経験が生かせるかどうかを考える必要があります。

能力ではなく住むところが「年収」を決める

速水:僕はあえて常見さんとは別の移住のプロセスを提案します。それは、仕事が見つかったうえでの移住ではなく、とにかく先に引っ越してみるというやり方です。経済学者のエンリコ・モレッティが書いた『年収は「住むところ」で決まる』(プレジデント社)という本があります。

今までは、収入の格差は、職業選択やそれにつながる教育の格差から生まれるというのが世間の常識でした。でも、モレッティは本の中で「今日の先進国では、社会階層以上に居住地による格差のほうが大きくなっている」と言っています。たとえば、米国のデトロイトに住んでいるシステムエンジニアよりも、サンフランシスコに住んでいるウェイターの年収のほうが高いという状況が、米国では現実味を持ってきている。

デトロイトは自動車産業が壊滅的に落ち込んで、街全体の雇用力を失いました。一方で、サンフランシスコにはアップルやグーグルに代表されるようなIT分野のトップ企業が本社を構えています。一見、サンフランシスコで儲けている人はそういった企業の従業員だけに思えますが、モレッティはそれを否定している。

次ページ米国人は勤め先を決める前に引っ越す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT