米ヤフー、Twitter抜き去り第3位の参照元に

「意外と頑張っている」ことが判明

Yahoo!からのトラフィックは流入元不明と表示されていたが、実は!(写真: JD Hancock , Creative Common)

その他カテゴリーに含まれていたが…

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

今日、パブリッシャーの参照元といえば、GoogleとFacebook、そして「その他」に分けられるだろう。ここのところ、いまいち芳しいニュースが聞こえてこない米ヤフー(Yahoo)は、この「その他」カテゴリーに含まれている。だが、考えられていたよりも、ずっと多くのトラフィックを生み出していることが、このほど判明した。

パブリッシャーの分析を行う企業チャートビート(Chartbeat)は去る6月2日、米ヤフーが自社サイトに参照元タグを追加したことで、そのトラフィックの功績評価が可能になったと、ブログ投稿で説明している。

ユーザーのプライバシーとセキュリティ保護を目的に、米ヤフーがSSL(HTTPS)へ移行したのは2年前。その際、彼らからの参照元トラフィックは流入元不明、もしくはダークトラフィックとして表示されるようになっていた。

これまでは、パブリッシャーにとって、16位の参照元だった米ヤフー。このほど、Facebook、Google検索、Twitter、Googleニュース、そしてビングに続いて、6位に浮上した。この結果は、チャートビートが測定する5万サイトのうち、代表的な5000サイトのサンプルに渡るトラフィックを元に割り出されている。

参照元上位5つのサイト

翌6月3日の朝には、米ヤフーはTwitter、Googleニュースを飛び越えて、Google検索、そしてFacebookに続く3位に躍進。上位5つの参照元の4.3%を占めるようになった。

「ついでながらいうと、彼らは巨大であることは知られていたが、どれだけ成功しているのかを知るのは難しいといわれてきた。なぜなら、彼らのトラフィックの大半は、流入元不明であったからだ」と、チャートビートのデータ・サイエンス部門のディレクター、ダン・ヴァレンテ氏は述べる。「でも、いま、それが明らかになった」。

これによって、パブリッシャーは、トラフィックソースとして米ヤフーをますます高く評価するだろう。業績が非常に悪く、買収に興味を示す企業が少ない米ヤフーにとっては、宣伝として喜ばしいニュースのひとつになっている。

Lucia Moses(原文 / 訳:Conyac)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
ヤフージャパン株の行方が日本市場を左右する:米ヤフーの事業売却
米ヤフー、レコメンドエンジン戦争でも敗戦色が濃厚?:「ヤフーレコメンド」が閉鎖中
米ヤフー動画サイト「Yahoo Screen」が失敗した5つの理由

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT