フロリダ州の最悪乱射事件、容疑者は何者か

少なくとも50人が死亡、53人が負傷

 6月12日未明、米フロリダ州オーランドのナイトクラブで男が銃を乱射し、少なくとも50人が死亡、53人が負傷する米国史上最悪の乱射事件が起きた。現場に集まった警察車両と消防車、提供写真(2016年 ロイター/Orlando Police Department)

[ワシントン/オーランド(米フロリダ州) 12日 ロイター] - 米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナイトクラブで12日未明、男が銃を乱射し、少なくとも50人が死亡、53人が負傷する米国史上最悪の乱射事件が起きた。

過激派組織「イスラム国」(IS)は12日に犯行声明を出したが、米当局は事件とISを直接結びつける証拠は確認できていないとしている。

犯人の男はクラブ内で銃を乱射した後、人質を取って立てこもり、特殊機動隊との銃撃戦で射殺された。

男はフロリダ州に住む米国人オマル・マティーン容疑者(29)で、両親はアフガニスタンからの移民。世界最大の警備会社G4S(GFS.L)に2007年から警備員として勤務しており、業務の一環で銃を携帯していたと同社が明らかにした。

連邦捜査局(FBI)は同容疑者が戦闘グループを支持する発言をしたとして、2013年と14年に聴取を行ったが、犯罪につながる証拠は得られなかったという。

FBI当局者は、マティーン容疑者が12日朝に警察に電話をかけ、IS指導者への忠誠を誓ったと明らかにした。ただ、これとISとの関連を示す証拠はなく、さらなる調査が必要だとしている。

オバマ米大統領は事件を受けてホワイトハウスで会見し、「これは紛れもなくテロ行為であり、憎しみの行為だ」と非難した。

米大統領選で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏は、事件発生から数時間後に「イスラム過激派によるテロ」をめぐる自身の主張が正しかったと今回の事件で示されたとツイート。同氏はその後の声明で、事件は「イスラム過激派のテロリスト」による犯行だったと断定。オバマ大統領が事件後の会見で「イスラム過激派」に言及しなかったことを強く非難し、オバマ氏に退陣を求めた。

また、大統領選で争う見通しとなった民主党のヒラリー・クリントン前国務長官についても、「イスラム過激派」に言及できないならば、大統領選から撤退すべきと語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。