「私は自民党の反対勢力ではない」

日本郵政のトップ交代、坂篤郎氏が社長就任

――旧大蔵省の出身者が続く。

斉藤 その指摘をよく聞くが、この3年間2人で経営改革を担い、順調にいっている。取締役の中で最も適切な人を選んだ。出身母体は何ら関係ない。

――坂・新社長はかつて竹中平蔵・元郵政民営化担当大臣との対立が報じられるなど、改革抵抗勢力と見なす向きもある。

 改革に反対したというのは誤解だ。私は小泉政権時代に経済財政諮問会議で事務局的な役割を担い、それもあって官房副長官補を拝命したと思っている。自民党政権に対し、私が政治的に反対勢力であることは全くない。

――安倍(晋三)自民党総裁はどんな人か。

 私は2年間(安倍氏の)直属の部下だったが、大変すばらしい政治家。総理としても立派な方だと思う。

安倍・自民党総裁とは「まだ話をしていない」

――社長就任にあたり、安倍さんとは話をしたか。

 話はまだしていない。

――改めて上場のタイミングは?

 民営化委員会でもご説明したとおり、3年以内に上場できるように準備する。最終的には政府がお決めになることだが、会社としては準備していく。

――郵政事業のユニバーサルサービスが求められる中で、政治に翻弄されてきたが。

 4月の民営化法改正は、自公民の3党の共同提案。基本的な対立軸はなくなった。従来はユニバーサルサービスは郵便だけだったが、改正法では金融(保険と貯金)も基本的なサービスを提供するように求められている。

――金融もユニバーサルサービスとして提供すべきか、議論が蒸し返される可能性もある。

斉藤 改正法は自公民の合意だ。われわれがどうこう言う立場にはない。

――新規事業(ゆうちょ銀行の住宅ローンやかんぽ生命の学資保険など)見通しは?現状で金融庁は認可は考えていないとコメントしているが。

 私は以前銀行局にいたが、ご当局が審査するのは当然のこと。こちらからきちんとご説明し、ご指導を受け、条件を満たしていく。(4月の認可は)一生懸命やればできると思う。

次ページ上場に向けて企業価値をどう高める?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング