トヨタ、英EU離脱派に法的措置の可能性

無断ロゴ使用で

6月9日、トヨタ自動車は英国のEU離脱をめぐる国民投票向けに離脱支持派が作ったパンフレットに同社のロゴマークが無断で使用されたことについて法的措置をとる可能性を示唆した。 写真は2014年4月、ワルシャワで(2016年 ロイター/Kacper Pempel)

[ロンドン 9日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票向けに離脱支持派が作ったパンフレットに同社のロゴマークが無断で使用されたことについて、トヨタが離脱を支持しているとの誤った印象を与えた恐れがあるとして法的措置をとる可能性を示唆した。

パンフレットを作成したのは「Vote Leave(離脱に投票を)」と名乗る団体。トヨタのほか日産自動車<7201.T>や米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>傘下のボクソールなどのロゴとともに、「主要な雇用者は国民投票の結果にかかわらず英国にとどまると表明している」との文言が印刷されている。

トヨタは自社のロゴが使用されたことについて、トヨタが離脱を支持しているとの誤った印象を与える恐れがあると指摘。無断で商標が利用されたとして法的措置を取る可能性があるとした。

「Vote Leave」からこの件に関してコメントは得られていない。

トヨタは2月、英国はEU内にとどまるのが望ましいとの見解を示している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT