トヨタ、英EU離脱派に法的措置の可能性

無断ロゴ使用で

6月9日、トヨタ自動車は英国のEU離脱をめぐる国民投票向けに離脱支持派が作ったパンフレットに同社のロゴマークが無断で使用されたことについて法的措置をとる可能性を示唆した。 写真は2014年4月、ワルシャワで(2016年 ロイター/Kacper Pempel)

[ロンドン 9日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票向けに離脱支持派が作ったパンフレットに同社のロゴマークが無断で使用されたことについて、トヨタが離脱を支持しているとの誤った印象を与えた恐れがあるとして法的措置をとる可能性を示唆した。

パンフレットを作成したのは「Vote Leave(離脱に投票を)」と名乗る団体。トヨタのほか日産自動車<7201.T>や米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>傘下のボクソールなどのロゴとともに、「主要な雇用者は国民投票の結果にかかわらず英国にとどまると表明している」との文言が印刷されている。

トヨタは自社のロゴが使用されたことについて、トヨタが離脱を支持しているとの誤った印象を与える恐れがあると指摘。無断で商標が利用されたとして法的措置を取る可能性があるとした。

「Vote Leave」からこの件に関してコメントは得られていない。

トヨタは2月、英国はEU内にとどまるのが望ましいとの見解を示している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。