トヨタ、英EU離脱派に法的措置の可能性

無断ロゴ使用で

6月9日、トヨタ自動車は英国のEU離脱をめぐる国民投票向けに離脱支持派が作ったパンフレットに同社のロゴマークが無断で使用されたことについて法的措置をとる可能性を示唆した。 写真は2014年4月、ワルシャワで(2016年 ロイター/Kacper Pempel)

[ロンドン 9日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票向けに離脱支持派が作ったパンフレットに同社のロゴマークが無断で使用されたことについて、トヨタが離脱を支持しているとの誤った印象を与えた恐れがあるとして法的措置をとる可能性を示唆した。

パンフレットを作成したのは「Vote Leave(離脱に投票を)」と名乗る団体。トヨタのほか日産自動車<7201.T>や米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>傘下のボクソールなどのロゴとともに、「主要な雇用者は国民投票の結果にかかわらず英国にとどまると表明している」との文言が印刷されている。

トヨタは自社のロゴが使用されたことについて、トヨタが離脱を支持しているとの誤った印象を与える恐れがあると指摘。無断で商標が利用されたとして法的措置を取る可能性があるとした。

「Vote Leave」からこの件に関してコメントは得られていない。

トヨタは2月、英国はEU内にとどまるのが望ましいとの見解を示している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。