ロシアが公開した新型旅客機「MC21」の実力

ボーイングやエアバスに対抗

6月8日、ロシアが新型旅客機を公開。国営メディアは、ボーイングやエアバスなど西側メーカーより多くの面で優れているとしている。写真はイルクーツクで撮影された同機の映像から(2016年 ロイター)

[モスクワ 8日 ロイター] - ロシアは8日、新型旅客機を公開した。国営メディアは、ボーイング<BA.N>やエアバス<AIR.PA>といった西側諸国のメーカーより多くの面で優れており、国内外の航空会社が購入するとしている。

公開されたのは、イルクート<IRKT.MM>の新型中距離旅客機「MC21」。お披露目の豪華な式典には、メドベージェフ首相も出席。同首相は、新型機について「素晴らしい」と称賛。ロシアが航空機産業で主導的立場にとどまることは重要だと強調した。

新型機はまだ試験中で、来年に量産体制に入る予定。

ウクライナでの紛争をめぐる西側諸国による経済制裁に苦慮しているロシアは、海外企業への依存度を低下させるべく、国内工業の活性化に努めている。

メドベージェフ首相は「新型機がロシア民間航空業界の誇りになることと、国内外の人々が搭乗を楽しむことを確信している」と語った。

MC21には、160─211座席の「MC21―300」と、130─165座席の「MC21―200」の2モデルがある。引き渡しは2018年からの予定。国営メディアによると、すでに国内外の複数の航空会社と、販売で合意した。

航続距離は最長6400キロメートルで、コストは現行機より最大15%抑えられるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT