ロシアが公開した新型旅客機「MC21」の実力

ボーイングやエアバスに対抗

6月8日、ロシアが新型旅客機を公開。国営メディアは、ボーイングやエアバスなど西側メーカーより多くの面で優れているとしている。写真はイルクーツクで撮影された同機の映像から(2016年 ロイター)

[モスクワ 8日 ロイター] - ロシアは8日、新型旅客機を公開した。国営メディアは、ボーイング<BA.N>やエアバス<AIR.PA>といった西側諸国のメーカーより多くの面で優れており、国内外の航空会社が購入するとしている。

公開されたのは、イルクート<IRKT.MM>の新型中距離旅客機「MC21」。お披露目の豪華な式典には、メドベージェフ首相も出席。同首相は、新型機について「素晴らしい」と称賛。ロシアが航空機産業で主導的立場にとどまることは重要だと強調した。

新型機はまだ試験中で、来年に量産体制に入る予定。

ウクライナでの紛争をめぐる西側諸国による経済制裁に苦慮しているロシアは、海外企業への依存度を低下させるべく、国内工業の活性化に努めている。

メドベージェフ首相は「新型機がロシア民間航空業界の誇りになることと、国内外の人々が搭乗を楽しむことを確信している」と語った。

MC21には、160─211座席の「MC21―300」と、130─165座席の「MC21―200」の2モデルがある。引き渡しは2018年からの予定。国営メディアによると、すでに国内外の複数の航空会社と、販売で合意した。

航続距離は最長6400キロメートルで、コストは現行機より最大15%抑えられるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。