ロシアが公開した新型旅客機「MC21」の実力

ボーイングやエアバスに対抗

6月8日、ロシアが新型旅客機を公開。国営メディアは、ボーイングやエアバスなど西側メーカーより多くの面で優れているとしている。写真はイルクーツクで撮影された同機の映像から(2016年 ロイター)

[モスクワ 8日 ロイター] - ロシアは8日、新型旅客機を公開した。国営メディアは、ボーイング<BA.N>やエアバス<AIR.PA>といった西側諸国のメーカーより多くの面で優れており、国内外の航空会社が購入するとしている。

公開されたのは、イルクート<IRKT.MM>の新型中距離旅客機「MC21」。お披露目の豪華な式典には、メドベージェフ首相も出席。同首相は、新型機について「素晴らしい」と称賛。ロシアが航空機産業で主導的立場にとどまることは重要だと強調した。

新型機はまだ試験中で、来年に量産体制に入る予定。

ウクライナでの紛争をめぐる西側諸国による経済制裁に苦慮しているロシアは、海外企業への依存度を低下させるべく、国内工業の活性化に努めている。

メドベージェフ首相は「新型機がロシア民間航空業界の誇りになることと、国内外の人々が搭乗を楽しむことを確信している」と語った。

MC21には、160─211座席の「MC21―300」と、130─165座席の「MC21―200」の2モデルがある。引き渡しは2018年からの予定。国営メディアによると、すでに国内外の複数の航空会社と、販売で合意した。

航続距離は最長6400キロメートルで、コストは現行機より最大15%抑えられるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT