釣りの名所ピンチ、ブラックバス激減の真相

客足が遠のき、貸しボート店は困惑…

国が建設した北山ダムは1957年に完成し、佐賀市や小城市の農地に送水している。ダムの底には建設時の想定を上回る土砂が堆積し、排水門の開閉に影響が及ぶ恐れが出てきた。そのため2011年から農閑期に水位を下げ、土砂の浚渫(しゅんせつ)や、のり面の保護工事が実施されている。

「巨大化」で初心者が釣るのは困難に

ブラックバスが激減した北山ダム。例年なら平日でも釣り客でにぎわうシーズンだが、ボートはすべて並んだままだ=佐賀市三瀬村

ボート店の男性が異変に気付いたのは14年。バスがほとんど釣れなくなり、ワカサギやヤマメが増えた。

バスのサイズも変化し、3匹の総重量を競う大会で12年は1600グラムだったが、15年は3500グラムに倍増した。男性は「個体数が減ったことで餌を狙うライバルも減り、太ったのだろう。

このサイズを狙う常連にはいいが、初心者が釣るのは難しい」と話す。

淡水魚に詳しい専門家は「冬場にダムの水位が低くなり、稚魚が潜り込んだ泥が空気にさらされたため、冬を越せなかったのではないか」と指摘している。

貸しボート店は11~2月のワカサギ釣りをPRするなど苦肉の策を取っている。

佐賀新聞Liveの関連記事
佐賀県産タマネギ深刻 病害、天候不順で収穫半減
佐賀市のシチメンソウ群生地に「異変」
五ケ山ダム予定地の神木、移設完了
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT