米アマゾン、インドに30億ドル追加投資へ=CEO

インドへの投資総額は50億ドル超に

 6月7日、オンライン小売世界最大手の米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は、インドに30億ドルを追加投資すると明らかにした。写真はバンガロールで昨年8月撮影(2016年 ロイター/Abhishek N. Chinnappa)

[ワシントン 7日 ロイター] - オンライン小売世界最大手の米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は7日、インドに30億ドルを追加投資すると明らかにした。

訪米中のモディ印首相が出席したワシントンでのイベントで、「アマゾンが30億ドルの追加投資を行うことをきょう発表できてうれしい。2014年には20億ドルの投資を発表しており、インドへの投資総額は50億ドル超になる」と語った。

CEOは、インドはアマゾンが最も急速に成長する地域だと指摘。インドへの投資拡大により、同国の新興企業を支援し、イノベーションやデジタル分野での起業の拠点として同国の役割が増すとの見方を示した。

また、アマゾンはインドでのクラウドサービス展開に向けて年内に「ウェブ・サービス・クラウド・リージョン」を開設し、同社としては米国外で最大となるソフトウエア開発センターをハイデラバードに近く設立すると表明。

すでにインド国内に21の物流拠点を持ち、保管スペースは500万立方フィートを超えるとした上で、インディア・ポストとの提携ですべての郵便番号地域への配達が可能になったと語った。

CEOは、ハイデラバードの開発センターは数千人規模の雇用創出やキャリア開発の機会をもたらすとし、アマゾン・クラウド・サービスの展開で将来的に大規模な雇用が創出されるとの見方を示した。

これとは別に、米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は7日、ベゾス氏について、中小企業経営者がどれだけ事業を拡大できるのか、その可能性を体現していると称賛した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。