どん兵衛とサッポロ一番、特許争いの真相

8回の交渉で決裂

日清とサンヨーは11年7月から12年8月まで、8回に渡り交渉を続けてきたが解決には至らず、今回の提訴に至った。

日清はこの「ストレート麺」を皮切りに麺の大改革を続けている。「太麺」、「3層太ストレートフライ麺」、「3層太ストレートノンフライ麺」に続き、11年には外側がフライ麺、内側がノンフライ麺の特徴を併せ持った「ハイブリッド麺」を投入した。日清にとってストレート麺は、麺改革の要となる技術である。

縮小傾向にある国内の食品市場において成長を続けるには、付加価値の高い商品で、自社の独自性を顧客にアピールすることが不可欠。今回の訴訟は、国内食品メーカーの生き残りをかけた“技術革新戦争”の一側面を如実に物語っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。