ベネッセ原田氏の無念、プロ経営者が退場

原田氏はトップ在任中に何を成し遂げたのか

ただ、ネックとなったのが価格。iPadを持っていない家庭は月額2000円程度で端末を借りられるが、「(家計)負担が大きすぎた」(原田氏)。また専用端末ではないため、子どもが自由にインターネットやゲームができることに、難色を示す保護者もいた。新規の入会数はいまだに伸び悩んでいる。

一方、大手塾の関係者は進研ゼミ+の真の狙いを、「塾での集団指導を想定した教材」と分析する。集団授業でも端末を使い、個人の進度に合わせた指導ができるからだ。

報酬に見合う実績をあげたのか

就任会見で教育事業の経営が「人生の集大成」と語っていた原田氏。写真右が創業家の福武総一郎氏(2014年3月、梅谷秀司撮影)

家庭向け通信教育の会員数が頭打ちになる中、ベネッセは子どもとの新たな接点を求め、塾業界に手を伸ばしている。「ここ10年ほど、お茶の水ゼミナールや東京個別指導学院といった塾を次々と買収してきたのも、その布石だろう」(前出の関係者)。

すでに15の塾とフランチャイズ契約を結んでおり、進研ゼミ+を教材として、活用し始めている。「従来の自前主義から脱却して、他社と連携すれば、復活の道が見えるかもしれない」(野村証券の繁村京一郎アナリスト)。原田氏は、国内会員数が底を打つのは、「1年半後くらい」と予想している。

業績不振を理由に、プロ経営者がトップの座を追われるのは、2015年12月のLIXILグループの藤森義明氏(64歳)に続く事例となった。

原田氏の役員報酬は2014年度で1.42億円。はたして報酬に見合う変革の素地を作り上げたといえるか。答えを見ずに原田氏はベネッセを去る。

「週刊東洋経済」5月28日号<23日発売>「ニュース最前線02」を転載) 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT