キムチ三国志、ナンバーワン商品は

専業の美山が攻勢

美山は新商品の「毎日キレイキムチ」だけで年間1千万パックの売り上げ目標を設定しており、東海漬物の「こくうまキムチ」と同程度を販売したいと意気込む。

キムチ商品のブランド別シェアは、長らく東海漬物の「こくうま キムチ」がトップに君臨してきたが、ピックルスが09年に投入した“甘さ”が特徴の「ご飯がススム キムチ」が、子供も食べられる甘いキムチとして、母親や若い女性からの支持を受け大ヒット。2社がトップブランドを争う中に、専門メーカーがいよいよ本腰を入れてきた構図である。地味な漬物市場で激しいキムチ戦争が勃発した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング