アップルのクックCEO、5月内の訪中を計画

複数の政府・共産党指導者と面会予定

 5月6日、米アップルのティム・クックCEO(写真)が月内に北京を訪れ、中国政府高官と面会する計画であることが分かった。3月に米カリフォルニアで撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[北京 6日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のティム・クック最高経営責任者(CEO)が月内に北京を訪れ、中国政府高官と面会する計画であることが分かった。

事情に詳しい関係筋が明らかにした。

クック氏は5年前のCEO就任以来、たびたび中国を訪問しているが、今回はアップルの最も重要な海外市場である同国で逆風に直面する中での訪問となる。

中国市場をめぐってはこの数週間、スマートフォン販売の低迷や「iPhone」商標権に絡む裁判での敗訴、オンラインエンタテインメントサービスの一部停止といった問題が相次いで伝えられた。

アップルは先週、13年ぶりの減収となる1─3月期決算を発表。こうしたことも相まって同社の成長の勢いに懸念が強まっている。

関係筋によると、クックCEOは中国訪問の間、宣伝部門を担当する当局者など、複数の政府・共産党指導者と面会する予定。

アップルからは今のところコメントを得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。