日産、アルティマなど353万台をリコール 

助手席エアバッグの不具合で

4月29日、日産自動車は、助手席側のエアバッグが適切に作動しない恐れがあるとして353万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。米国での車両が大半とした。写真は2014年7月、東京で撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 29日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は29日、助手席側のエアバッグが適切に作動しない恐れがあるとして353万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。米国での車両が大半とした。

対象となるのは2013─2017年モデルの一部「アルティマ」「リーフ」「マキシマ」など。日産から供給を受けた米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の「シボレー」ブランド車も含まれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT