日産、アルティマなど353万台をリコール 

助手席エアバッグの不具合で

4月29日、日産自動車は、助手席側のエアバッグが適切に作動しない恐れがあるとして353万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。米国での車両が大半とした。写真は2014年7月、東京で撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 29日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は29日、助手席側のエアバッグが適切に作動しない恐れがあるとして353万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。米国での車両が大半とした。

対象となるのは2013─2017年モデルの一部「アルティマ」「リーフ」「マキシマ」など。日産から供給を受けた米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の「シボレー」ブランド車も含まれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT