日本型リーダーはなぜ失敗するのか 

半藤一利著

“歴史探偵”として、昭和史と太平洋戦争史に詳しい著者が、日本型リーダーの欠点をあぶり出した。

そもそも、現在の日本型リーダーの源流は、明治から太平洋戦争までの間に形作られたようだ。そのリーダー観とは、優秀な参謀がいれば、リーダーは単なる神輿(みこし)でいいというものだった。それがあの無謀な戦争への突入と、その結果としての敗戦につながったと著者は見る。

こうした考えは、意思決定者が誰であるのかを見えにくくし、責任の所在をあいまいにした。そして、成績は優秀だが現場を知らない、エリート参謀ばかりを生み出した。

それは、3・11の際の政府や東京電力の姿を見ても、明らかだという。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。