日本型リーダーはなぜ失敗するのか 

半藤一利著

“歴史探偵”として、昭和史と太平洋戦争史に詳しい著者が、日本型リーダーの欠点をあぶり出した。

そもそも、現在の日本型リーダーの源流は、明治から太平洋戦争までの間に形作られたようだ。そのリーダー観とは、優秀な参謀がいれば、リーダーは単なる神輿(みこし)でいいというものだった。それがあの無謀な戦争への突入と、その結果としての敗戦につながったと著者は見る。

こうした考えは、意思決定者が誰であるのかを見えにくくし、責任の所在をあいまいにした。そして、成績は優秀だが現場を知らない、エリート参謀ばかりを生み出した。

それは、3・11の際の政府や東京電力の姿を見ても、明らかだという。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT