第1四半期の世界自動車販売は独VWが首位に 

トヨタは2月の生産停止が響き2位

4月26日、第1・四半期の世界の自動車販売台数は、独フォルクスワーゲンが首位となり、2月に日本国内の全工場での生産を1週間停止したトヨタ自動車を上回った。ジャカルタで2月撮影(2016年 ロイター/BEAWIHARTA)

[ベルリン 26日 ロイター] - 第1・四半期の世界の自動車販売台数は、独フォルクスワーゲン(VW)が首位となり、2月に日本国内の全工場での生産を1週間停止したトヨタ自動車<7203.T>を上回った。

トヨタが26日発表した第1・四半期の世界販売台数は2.3%減の246万台。

VWが先に発表したグループ全体での世界販売台数は0.8%増の251万台だった。

米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は中南米での販売が振るわず、2.5%減の236万台。

VWはディーゼル車の排ガス不正問題への対応に追われているものの、問題発覚後も、傘下の高級車ブランド「アウディ」や「ポルシェ」への根強い人気や、チェコの自動車メーカー、シュコダの販売好調に支えられている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT