第1四半期の世界自動車販売は独VWが首位に 

トヨタは2月の生産停止が響き2位

4月26日、第1・四半期の世界の自動車販売台数は、独フォルクスワーゲンが首位となり、2月に日本国内の全工場での生産を1週間停止したトヨタ自動車を上回った。ジャカルタで2月撮影(2016年 ロイター/BEAWIHARTA)

[ベルリン 26日 ロイター] - 第1・四半期の世界の自動車販売台数は、独フォルクスワーゲン(VW)が首位となり、2月に日本国内の全工場での生産を1週間停止したトヨタ自動車<7203.T>を上回った。

トヨタが26日発表した第1・四半期の世界販売台数は2.3%減の246万台。

VWが先に発表したグループ全体での世界販売台数は0.8%増の251万台だった。

米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は中南米での販売が振るわず、2.5%減の236万台。

VWはディーゼル車の排ガス不正問題への対応に追われているものの、問題発覚後も、傘下の高級車ブランド「アウディ」や「ポルシェ」への根強い人気や、チェコの自動車メーカー、シュコダの販売好調に支えられている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT