インドネシア人実習生の受け入れ成功のコツ

中本製作所工場長に聞く

 

--やはり10年前と比べて研修生は変化しているのですね。

今の子は現代っ子になっています。日本に来る時の持ち物や服装から違います。10年前は、政治的発言が抑圧されたスハルト体制の雰囲気が残っていました。政治的なことは質問しても答えが戻ってきませんでした。今の子は、もう自由に何でも話します。

--98年から毎年6名、受け入れてきたということですが、トラブルや途中で帰国の例は?

素行不良で途中で帰国させたことが一度あります。タバコと酒を覚えて、他の研修生からお金を借りて返せなくなってしまい、帰国させたことがあります。それが一番大きなトラブルでした。

病気で途中帰国した人もいました。それとは関係ありませんが、皆、虫歯を持っていて、日本にいる間に虫歯を治します。実習生向けの社会保険では、虫歯は自己負担になるんですが、それでも日本にいる間に治療しようと喜んで10割負担で虫歯を治しにいくようです。

--虫歯の治療ですか。面白いですね。ところで一時帰国というのは出来ないものなのでしょうか?

研修中に母親が亡くなった研修生がいて、「どうするか、帰るか」と聞いたら「帰らない」とのことでした。何があっても一時帰国は禁止になっています。

--親が亡くなっても帰国しない。事前に了解していたとしても、研修制度のなかで最も厳しいルールといえるかもしれませんね。文化、風習的な問題は?

宗教の問題は大きいですね。5人に1人くらい意固地とも思える熱心な人がいます。1日5回お祈りする習慣がありますが、当社では、仕事優先にしてもらっています。それでも「日本人だって仕事中、トイレに行くんだからいいんじゃないか。仕事に支障はないはずだ」というような人がいます。私はインドネシアに赴任していたので理解は出来ますが、仕事優先を徹底してもらっています。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。