清水建設が「投資開発事業」に力を入れる理由

25年ぶりの最高益でも喜べない?

清水建設が開発する新しいビル。地上18階建ての免震構造で投資額は550億円になる

JR横浜駅から徒歩7分、みなとみらい線新高島駅の真上に広がる一等地。清水建設はここに、自らが設計・管理運営を手掛ける大規模賃貸オフィスビルを建設する。地上18階建ての免震構造で、延床面積は約10万平方メートル。投資額は550億円に上り、2019年度中の完成を目指す。同社では過去最大規模の開発案件だ。

みなとみらい地区一帯は市が開発事業者の募集を進めている。都心と比べると利便性は若干劣るが、賃料相場は比較的手頃で、進出企業に対するオフィス賃借料の助成制度など、行政の後押しも充実している。羽田空港へのアクセスも良好で、4月に就任した井上和幸新社長は「ポテンシャルがあるエリア」と太鼓判を押す。

開発するビルは、災害対策も万全だ。72時間分の燃料を備蓄する非常用発電装置などを備えた。施設の一部を開放して帰宅困難者を受け入れるほか、広場や託児施設も設ける予定だ。安全・安心を売りにしつつも、無駄なコストはそぎ落とす方針で、耐震性能や非常時の事業継続性、省エネに対する意識が高まっている企業のニーズを取り込む。

最高益でも、建設以外に力を入れる理由

2年前に手掛けた横浜アイマークプレイスの稼働状況は良好だ

清水建設は2年前、みなとみらいで「横浜アイマークプレイス」(地上14階建て、投資額約300億円)を開発。最先端の省エネシステムや耐震機能など、ゼネコンならではの技術を存分に取り入れたビルだった。稼働状況は良好で、IT企業や外資系企業などでテナントがほぼ埋まった状態だ。

今回のプロジェクトは同エリアにおける2件目の開発案件。黒澤達也投資開発本部長も「このスペックでの手応えはつかんでいるので、さらにコンセプトを飛躍させて、企業の幅広いニーズに応えていきたい」と自信を見せる。

次ページバブル時代のトラウマが教訓に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。