510円--33年前の水準に戻ったサラリーマンの昼食代

《気になる数字》

サラリーマンの1回当たりの昼食代が2012年は510円となり、33年前(1979年)の565円とほぼ同水準の500円台に戻ったことがわかった。92年に746円とピークをつけたが、その後3分の2近くまで減ったことになる。79年開始の「サラリーマンのお小遣い調査」を継承した新生銀行がまとめた、「30年白書」の発表による。

1回当たりの飲み代も12年は2860円で、ピーク時の01年の6160円から半減した。飲みに行く回数は、99年は1カ月6.0回だったのが12年には2.4回まで低下。家飲みが定着してきた。

また、1カ月の小遣い総額は、12年は3万9756円で、ピーク時の90年の7万7725円からこちらも30年前と同水準に戻った。その間に、デフレ継続や大手外食チェーンを中心とする低価格化の追い風は受けつつも、小遣いを削られ続け、外での飲食費を節約するサラリーマンの姿が見て取れる。

00年以降は収入の減少幅より小遣いがさらに大きく減る傾向にあり、月収が同水準だった89年と10年を比較すると、10年の小遣い額は2割以上低くなっている。「小遣い対策・節約のためにしていること」についても、昼食代、飲み代がつねに削減対象の上位にランクされている。収入増が見込めず、さらに小遣い削減を迫られそうな今後、サラリーマンの切実なやり繰りは続きそうだ。

(データ事業局「気になる数字」調査班=週刊東洋経済2012年10月20日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT