緊迫!シャープ “切り札”IGZO液晶に黄信号

矛盾するオンリーワン戦略

オンリーワンが「ロンリー」ワンに

悩みの種だった堺工場(大型液晶)を鴻海(ホンハイ)精密工業に事実上譲渡した今、シャープ経営陣は中小型液晶事業の“自力再生”にかけている。

自信の源は、「IGZO(イグゾー)液晶」だ。高精細でありながら電池が長もちするIGZOを量産できるのは、世界中でシャープの亀山第2工場しかない。このオンリーワンデバイスをアップルなどのヒット商品に搭載できれば、液晶事業での起死回生が図れるというわけだ。

アイパッドの生産調整で亀山第2の稼働率は一時、3割に落ち込んだが、奥田隆司社長は「成長ドライバー。(堺工場のような)切り離しはありえない」と言い切る。

鴻海はIGZOの技術供与を望んでいるが、シャープが応じる気配はない。9月末、シャープに3600億円もの追加融資を決めた銀行も、IGZOをはじめとするシャープの技術力について理解を示している。

だがここに来て、IGZOの真価が大きく問われている。

今、シャープブランドの商品にIGZOを搭載したところで爆発的には売れない。つまりIGZOの安定的な量産には有力な外販先の確保が欠かせないが、それがうまくいっていないのだ。

今年の春ごろまで、シャープは、「年末商戦の目玉であるウルトラブックにIGZOが採用されていく」(幹部)と意気込んでいた。実際、ヒューレット・パッカードやデルなどに猛烈に営業をかけた。にもかかわらず、大口受注は入らなかった。任天堂のゲーム機「ニンテンドー3DSLL」にも提案したが、「任天堂はコスト増につながる過剰スペックを望まなかった」(関係者)という。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT