「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 小出裕章、渡辺満久、明石昇二郎著

拡大
縮小
「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 小出裕章、渡辺満久、明石昇二郎著

試運転終了がたびたび延長されている青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場。

「再処理」とは、核燃料中に生成・蓄積したプルトニウムを取り出すための作業のことである。プルトニウムを取り出すために、燃料棒を壊さなければならないため、通常の原子力施設とはケタ違いの放射性物質が放出されることになる。もしこの施設で事故が起きたら、地球規模の被害が出ることは間違いない。

再処理工場そのものが抱える危険性や大事故が起きた場合のシミュレーション、工場付近の活断層の問題、あるいは関係者の危機に対する甘い「想定」など、いかにこの施設が危険かを、それぞれの分野でアプローチしてきた専門家らが検証している。

集英社新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT