森トラストの次期社長・伊達美和子氏の素顔

森ビルとも協業、株式上場にも柔軟姿勢か

男社会の不動産業界で伊達氏は輝きを放つことができるか(撮影:今井康一)

「40代で女性でしょ。希少価値があって、むしろやりやすいんじゃないかな。今の日本の経済界においてはプラスになりますよ」

不動産大手・森トラストの森章社長(79)は、6月下旬の株主総会を経て、長女の伊達美和子氏(44)に社長を交代する方針を表明した。森社長自身は代表権のある会長へと就任する。

ホテル事業を引っ張ってきた伊達氏

森社長の言葉どおり、旧態依然の男社会が続く不動産業界において、伊達氏の存在は異彩を放っている。近年は、ホテル・リゾート運営子会社の社長として、手腕を発揮。米マリオットホテルなど、世界的なブランドホテルの誘致も次々に実現した。

2016年3月期のホテル事業の売上高は280億円と、この2年間で約4割伸びる見込み。伊達氏は2月の本誌インタビューで「米国の宿泊サービスの業界規模は自動車産業と同程度。日本も可能性があるのだから拡大していくべき」と述べた。近々上場を計画するホテル特化型REIT(不動産投資信託)も伊達氏の肝いり案件だ。

伊達氏は大学院で都市計画を学んでおり、専門領域は開発分野。国家戦略特区の認定取得など、行政対応も担当する。かつて森社長は森ビルとの協業の可能性について、「私の時代ではなく次世代の経営者次第だが、互いに事業提携する可能性もあろう」と本誌に語ったことがある。

次ページ森家の事業承継の考え方とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT