販売目標の2倍以上、日産「ノート」が好調な出足

販売目標の2倍以上、日産「ノート」が好調な出足

日産自動車は9月19日、9月3日に発売した新型コンパクトカー「ノート」(=写真=)の受注が、発売後約2週間で販売目標台数(月1万台)の2倍以上となる2万1880台に達したと発表した。

新型ノートは7年ぶりに全面改良(フルモデルチェンジ)した2代目。ハイブリッド車(HV)並みの低燃費を実現しながら、価格を145万円とHVより15万~25万円安く抑えた。エンジンの排気量を1.2リッターと小さくし、過給機でトルク(回転力)を出す「ダウンサイジングエンジン」を採用。燃費性能は25.2km/リットルに達し、自動車取得税と自動車重量税が免税になる点も消費者の支持を広げた。

年齢層別では60歳以上が37%と最も高い。ダウンサイジングエンジンは欧州では主流の技術。今後もHVに対抗するエコカーとして拡販する考えだ。

ノートは日本の自動車メーカーとして初めて、新型車の商品企画責任者に女性の水口美絵氏が起用されたことでも話題となっている。

(並木 厚憲、撮影:尾形 文繁 =東洋経済オンライン)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT