販売目標の2倍以上、日産「ノート」が好調な出足

販売目標の2倍以上、日産「ノート」が好調な出足

日産自動車は9月19日、9月3日に発売した新型コンパクトカー「ノート」(=写真=)の受注が、発売後約2週間で販売目標台数(月1万台)の2倍以上となる2万1880台に達したと発表した。

新型ノートは7年ぶりに全面改良(フルモデルチェンジ)した2代目。ハイブリッド車(HV)並みの低燃費を実現しながら、価格を145万円とHVより15万~25万円安く抑えた。エンジンの排気量を1.2リッターと小さくし、過給機でトルク(回転力)を出す「ダウンサイジングエンジン」を採用。燃費性能は25.2km/リットルに達し、自動車取得税と自動車重量税が免税になる点も消費者の支持を広げた。

年齢層別では60歳以上が37%と最も高い。ダウンサイジングエンジンは欧州では主流の技術。今後もHVに対抗するエコカーとして拡販する考えだ。

ノートは日本の自動車メーカーとして初めて、新型車の商品企画責任者に女性の水口美絵氏が起用されたことでも話題となっている。

(並木 厚憲、撮影:尾形 文繁 =東洋経済オンライン)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT