モバイル通信サービスに参入、楽天が狙う”対キンドル”

キンドルには通信サービスが内蔵されており、無料でどこからでも電子書籍購入サイト「キンドル・ストア」にアクセスできる。一方、コボは無線LANにしか対応していないため、使用エリアが限られている。

楽天がアマゾンとの差を少しでも埋めておくためには、通信サービスの基盤を築いておくことが必須。子会社のコボ社が9月北米でタブレット端末「コボ アーク」を発表したのと同時期にアマゾンもタブレット端末「キンドル ファイヤHD」を発表しており、競争環境は一層厳しくなっている。

「コボ アークと(通信サービスを)パッケージで販売することも視野にいれていきたい」と三木谷社長も会見内で明かしている。キンドルの足音が近づく中、楽天がどこまでアマゾンに対抗できるのか。新しい通信サービスの成否がカギとなる。

(写真は7月、東洋経済のインタビューに応じた楽天の三木谷浩史社長)

(島田 知穂、撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT