英ポンド2年ぶり安値、EU離脱懸念高まる

投資家は6月23日の国民投票を警戒

 4月6日、ロンドン外為市場でポンドが通貨バスケットに対し、約2年ぶり安値をつけた。写真はEUの旗(左)と英国旗。2月3日にスコットランドで撮影。(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[ロンドン 6日 ロイター] - ロンドン外国為替市場で、ポンドが通貨バスケットに対し、約2年ぶりの安値をつけた。6月23日実施の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を前に、投資家の懸念が高まっている。

同日公表されたICMの世論調査によると、EU残留派が44%、離脱派が43%と、両勢力がきっ抗しており、結果の予測が困難な情勢だ。

先週公表のデータでは、2015年第4・四半期の英経常赤字が国内総生産(GDP)比7%まで急増したことが判明。海外からの資金フローに頼る英経済の構図があらためて意識され、EU離脱による外資引き揚げの影響が懸念されているという。

ポンドは対ドル<GBP=D4>では1%安の1.4025ドルと、5週間ぶり安値をつけた。ユーロ<EURGBP=D4>に対しては0.6%安の80.85ペンスと、2014年6月以来の安値。

貿易加重のポンド指数<=GBP>は2013年12月以来の水準に低下し、年初来の低下率は7.7%に達した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT