英ポンド2年ぶり安値、EU離脱懸念高まる

投資家は6月23日の国民投票を警戒

 4月6日、ロンドン外為市場でポンドが通貨バスケットに対し、約2年ぶり安値をつけた。写真はEUの旗(左)と英国旗。2月3日にスコットランドで撮影。(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[ロンドン 6日 ロイター] - ロンドン外国為替市場で、ポンドが通貨バスケットに対し、約2年ぶりの安値をつけた。6月23日実施の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を前に、投資家の懸念が高まっている。

同日公表されたICMの世論調査によると、EU残留派が44%、離脱派が43%と、両勢力がきっ抗しており、結果の予測が困難な情勢だ。

先週公表のデータでは、2015年第4・四半期の英経常赤字が国内総生産(GDP)比7%まで急増したことが判明。海外からの資金フローに頼る英経済の構図があらためて意識され、EU離脱による外資引き揚げの影響が懸念されているという。

ポンドは対ドル<GBP=D4>では1%安の1.4025ドルと、5週間ぶり安値をつけた。ユーロ<EURGBP=D4>に対しては0.6%安の80.85ペンスと、2014年6月以来の安値。

貿易加重のポンド指数<=GBP>は2013年12月以来の水準に低下し、年初来の低下率は7.7%に達した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT