「今の消費低迷はリーマン危機以来の事態だ」 

自民・山本氏、増税是非でサミット前に提言

4月6日、自民党の山本幸三衆院議員は、党本部で開いた「アベノミクスを成功させる会」で、「消費の数字から見れば、リーマン・ショック以来の事態が起こっている」と指摘した。2015年9月撮影(2016年 ロイター/YUYA SHINO)

[東京 6日 ロイター] - 自民党の山本幸三衆院議員は6日、会長を務める議員連盟「アベノミクスを成功させる会」で、「消費の数字から見れば、リーマン・ショック以来の事態が起こっている」と指摘した。その上で、データを踏まえれば「消費税は増税どころか減税すべきだという風に読める」と強調した。

主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前の5月20日をめどに提言をまとめ、安倍晋三首相に提出する。

同日の会合には約30人が出席したが、増税延期派が大勢を占めた。提言では「減税」まで踏み込まない一方、再延期の方針は盛り込まれる公算が大きい。

同時に、会合では財政再建についても議論を進める方針。政府は2020年度の基礎的財政収支(PB)黒字化目標を掲げているが、山本氏は「PBだけに執着する必要はない」とし、債務残高対GDP比にも着目すべきとの考えを示した。

*内容を追加します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT