中国デモで平和堂などに壊滅的被害、主な日系スーパー、コンビニの被害状況と今後

拡大
縮小

 

セブン−イレブンは「成都の一部の店で卵を投げつけられたり、レジの一部を落とされたりした店がある」(セブン&アイ・ホールディングス)。行政当局の指導もあり、北京・成都では9月18日に全店(約200店)が臨時休業中。

ミニストップは青島で40店が24時間営業しているが、9月16日午前零時から全店を一時休業、17日は9時から営業を再開したが、6店は昼で休業、残り34店も午後9時で閉店した。18日は全店休業中。1店舗で軽微な物損があった。

ローソンは重慶1店で16日夜に投石によるガラス破損があったが通常営業。9月18日は重慶56店を全店休業している。また上海では同日、330店のうちデモ行進のコース上にある16店が当局の指導で休業中。大連ではデモもなく7店が通常営業している。

多くの店舗がデモの収束を待って明日以降の通常営業再開を期待しているが、今後の情勢によっては休業期間が長引く懸念も否定できない。


■2008年に上海に進出した当時のセブン-イレブン
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT