シャープ、金利減免で主力2行と合意

コスト削減は年間72億円

 4月1日、シャープは主力2行との間で既存の借入金について金利などの条件変更について基本合意したと発表した。写真は同社のロゴマーク。都内で昨年7月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 1日 ロイター] - シャープ<6753.T>は1日、みずほ、三菱東京UFJの主力2行との間で既存の借入金について金利などの条件変更について基本合意したと発表した。

2017年3月期で約72億円の借入コスト削減を見込むという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT