情報BOX:鴻海のシャープ買収の概要

出資額は3888億円に2割ほど減額 

[東京 30日 ロイター] - 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>は30日、シャープ<6753.T>に対する買収を決めた。出資総額はおよそ3888億円。2月25日にシャープが発表した取締役会決議について一部の条件が見直しとなった。

両社の発表の概要は以下の通り。

<資本増強など金融支援>

シャープの普通株買い受け、2888億円

C種優先株買い受け、999億円

保有する議決権、約66%

シンジケートローンの契約期間を4月30日まで延長

みずほ・三菱東京UFJ銀行保有の優先株、2000億円を2019年までに取得で調整

<調達資金の投資先>

有機ELに2000億円(2月発表から変更なし)

中小型液晶に600億円(見直し前1000億円)

IoT分野拡大など戦略転換のR&Dに400億円(見直し前450億円)

MFP事業やロボティクス事業などに400億円(見直し前500億円)

など。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。