かんぽ生命と第一生命、業務提携で合意

海外や資産運用などの分野で

 3月29日、かんぽ生命保険と第一生命保険は海外生保や資産運用事業などで提携したと発表した。写真は第一生命保険の本部ビル。都内で2011年4月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 29日 ロイター] - かんぽ生命保険<7181.T>と第一生命保険<8750.T>は海外での生保事業や資産運用などで提携したと発表した。両社はビジネスモデルの違いによる補完関係を強調するが、具体的な中身は今後の検討課題としており、成果は未知数だ。

海外事業では、第一生命の子会社がベトナムの国営郵便会社を委託先としている保険販売に対し、かんぽ生命と各種支援を検討するとしている。また、かんぽ生命による第一生命のベトナム子会社への出資を検討する。

資産運用事業では、かんぽ生命が、数千億円規模の運用で、DIAMアセットマネジメントなどの第一生命グループの資産運用会社を活用することで合意。また、共同投資として、まずは両社で100億円規模の海外インフラファンドへの投資を検討している。

会見で、かんぽ生命の千田哲也常務は、将来的な両社の資本提携や統合などは「視野に入れていない」と語った。また今回の提携は排他的なものではないものの、まずは第一生命との共同事業での成果をあげたいとした。

(浦中大我)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT