テレビのゴルフ中継にモノ申す

インスパイア 取締役ファウンダー/成毛 眞

 1月20日号の『週刊ゴルフダイジェスト』によれば、基本的に日本ゴルフ協会や男女のプロ協会が主催する公式戦以外で、放送権料契約が結ばれる試合はないのだという。つまり、テレビ局はタダで中継できるのだ。しかも今年は、公式戦である日本プロゴルフ選手権の放送権も日本テレビに値切られてタダになってしまったという。

ところが、6月30日付のスポニチによれば、日本テレビ系で放送された「ミズノオープンよみうりクラシック最終日」の平均視聴率が、関東地区で今季ゴルフ中継最高の13・6%を記録したというのだ。ちなみに、6月の巨人戦の平均視聴率は8・9%だったし、8月12日のZAKZAKによれば、今季の巨人戦の放映権は1試合あたり8000万円だという。
 中継費などを含む制作費はテレビ局持ちだとしても、この大きな差は理解できない。むしろ、最近のゴルフブームを考えると、可処分所得の高い若者と女性の視聴者を獲得できるのではないのか。
 
 僕が怒っているのは、プロゴルファーに放映権料が入らないことではない。タダなのに放送時間が短いからなのだ。たとえば、9月3~6日まで行われたフジサンケイクラシックはメディアの冠試合であるにもかかわらず、3日目は1時間15分、最終日でも1時間30分だ。しかも、放送のほとんどはビデオによるダイジェストである。にもかかわらず、関東での最終日の視聴率は12・9%もあったのだ。

テレビはもはやライブメディアとしての役割も商売も放棄したようなので、パソコンをALBAのサイトにつなぎっぱなしにしていた。石川遼の情報しかアップされないのが残念なのだが、すくなくとも1打ごとに速報される。情報のアップデートは1分ごとだ。
 たとえば、最終日の1ホール目は「注目の第1打目は左のラフへ」「約100ヤードのセカンドはピン左奥5メートル」「バーディパットは左に外れ、スタートホールはパー」と、伝えられるのだ。これは便利だ。ところがである。15ホールあたりでこの1行ネット中継がサスペンドされたのだ。テレビ番組が始まるため、瞬時に結果がわかるネットに圧力がかかったのであろう。テレビ局はゴルフ中継ではなく、ゴルフバラエティを作りたかったのだ。

既存メディアがその役割を放棄して自滅するのは一向に構わないが、ネットの前に立ちふさがるのだけはやめたほうがよい。そのうちにYouTubeやTwitterを利用して、一般人がグリーンから中継しはじめるであろう。そしてそれを所有しているのはアメリカのネット企業なのだ。日本の新興ネット企業は官民をあげて排除できたかもしれないが、こんどばかりは無理かもしれない。なにしろ視聴者はゴルフ中継を見たい一心なのだ。。

インスパイア 取締役ファウンダー/成毛 眞(なるけ・まこと)
1955年北海道生まれ。アスキーなどを経て、91年マイクロソフト日本法人代表取締役社長。2000年に退社後、投資・事業開発コンサルティングのインスパイアを設立。趣味はジャズレコード収集やプラモデルなど多数。無類の読書家としても有名、書評も多く手掛ける。
関連記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。