曲がり角のネット証券、手数料値下げに限界


 今年の夏、ネット証券最大手のSBI証券と楽天証券が激しい戦いを繰り広げた。7~8月にかけて、株式のネット取引の手数料引き下げを公表したのだ。その回数は合わせて9回に上り、結局、両社が同水準まで下げて落ち着いた。

両社が争ったのは、現物取引で1注文ごとに料金を払うプラン。株式市況の低迷で収益が伸び悩む中、手数料値下げで新規顧客を呼び込む戦略だった。だが、その一方で逆の現象も起きていた。

大量注文なら赤字に 激安定額プランの弱点

10月1日から、ネット専業の岡三オンライン証券とクリック証券は、それぞれ株取引の手数料体系を改定。値下げも織り交ぜており一見わかりにくいが、共通するのは信用取引定額プランの“値上げ”だ。

信用取引は証拠金の最大3倍程度の株が売買可能で、現物取引と比べてハイリスク・ハイリターンな取引手法。また定額プランは株を取引した回数に関係なく、売買が成立した1日の約定金額を基に顧客が料金を支払う仕組みとなっている。

表のとおり岡三オンライン、クリックとも、従来はかなり安い料金体系だったが、大幅な値上げに踏み切る。たとえば顧客が1日に合計1億円分の株式を約定した場合、それぞれ3000円台だった手数料が2万~3万円台にハネ上がる。約定代金が高額なほど、値上げ幅は拡大する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。