ルポ 産科医療崩壊 軸丸靖子著

ルポ 産科医療崩壊 軸丸靖子著

妊婦の“たらい回し”が社会問題となり、産科医療崩壊の象徴として大きく報じられている。地域の産科が次々に閉鎖される中、今や分娩予約は競争。お産が集中したため産婦人科医が総出で分娩をこなす基幹病院ではそのシワ寄せが婦人科に行き、子宮筋腫などの良性腫瘍の患者は後回しになっているという。

少子化の危機が叫ばれる今、周産期医療の現場で何が起こっているのか。減少する産科医。一方で不妊治療の進歩や妊婦の高齢化などによりリスクの高い出産や未受診妊婦、飛び込み出産といった“困った”妊婦、そして訴訟問題の増加。医療分野で活躍するライターが病院、医師、妊婦と産科医療の現場を丹念に取材し、問題提起する。

ちくま新書/756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT