富士重、レヴォーグなど約8万台をリコール

駐車ブレーキのプログラムが不適切なため

 3月17日、富士重工業は、ステーションワゴン「レヴォーグ」など3車種、計6万3598台(2014年5月―15年9月に製造)のリコールを国土交通省に届け出た。都内本社ショールームで昨年7月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 17日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は17日、ステーションワゴン「レヴォーグ」など3車種、計6万3598台(2014年5月―15年9月に製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。駐車ブレーキの制御プログラムが不適切なためで、最悪の場合はモーターが損傷してブレーキが解除できなくなるため、プログラムを書き換える。

また、スポーツ型多目的車(SUV)「フォレスター」など計3車種、計1万7117台(15年4月―同年10月に製造)もリコールする。直噴ターボエンジンの吸気ダクトに正規と異なる材料で製造されたものがあり、使用を続けると耐熱性能などが低下してダクトに亀裂が入り、最悪の場合、エンストするおそれがあるという。

 

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT