ダイバーシティって何?(第2回)--ダイバーシティの歴史的展開と企業のかかわり


 労働力人口の変化予測を踏まえ、女性、有色人種、障害者、高齢者などを積極的に活用していく必要が生じてきました。ここから具体的なマネジメント手法としてダイバーシティ・マネジメントの研究や導入が本格的に始まったのです。

21世紀に入ると、ITの急速な発展や新興国の経済成長などにより、経済や企業活動のグローバル化が加速化しました。世界各地で国境を越えたM&Aも増加の傾向にあります。

こうしたグローバル化が成功するためには異なる文化背景、習慣、宗教などを持つ組織同士が合体することが必要です。多様な価値観を持つ人々や組織の力をまとめ上げ、そして成長力を高めるためには、組織の構成員の持つ多様性を競争力の源泉として積極的に活用せざるをえないのです。

グローバル化が進んだ21世紀企業の成功のカギはいかに優秀な人材を自社に引き付け、とどめるかです。この意味で個々人の価値観や生き方を認め合い、創造性を高めていくことが企業の経営戦略の重要な要素になってきたのです。

こうして、ダイバーシティは個を尊重する「ダイバーシティ」から、さらに良いところを認め合う「ダイバーシティ&インクルージョン」に変容していくのです。


堀井紀壬子 ほりい・きみこ
 東京大学卒業。日本航空、外資系メーカーを経てエイボンプロダクツで営業本部長。同社退社後、経営コンサルタント・キャリアカウンセラー。2003年日本女性の活躍を願う友人たちとNPO法人GEWEL(Global Enhancement of Women’s Executive Leadership)を設立、代表理事。ダイバーシティ&インクルージョン推進のための企業向けコンサルティング、企業文化調査、研修を行うと同時に、日本社会のダイバーシティ&インクルージョン推進のために講演、執筆などを行っている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。