終電を逃したらどう帰る? 節約派“相乗り会員”が増加中


 タクシーの相乗り相手を募集する携帯サイトが登録者数を増やしている。インターネットのサイト運営会社スカイミント(東京・新宿)が2008年12月に「タクトモ.COM」を立ち上げたところ、8カ月で会員数が1万人を突破した。利用者は、金、土曜の深夜1時以降に多いという。

同社の岩崎かおる社長自身が深夜にタクシー待ちをする行列を見て、他人同士での相乗りサービスを思いついた。つい飲みすぎて終電を逃した経験がある人は少なくない。「不況下の節約志向が追い風になり、想像以上の伸び」(岩崎社長)。会員登録すれば、募集中の相乗りリストを見ることができる。自分の帰宅ルートと合致すれば、メッセージを交換し、待ち合わせ場所を指定する。リストになければ自ら目的地や希望時刻を書き込み、相乗り相手から応募を待つ。運営会社は広告掲載料やタクシー乗務員の登録料で稼ぐ仕組みだ。

ただ、「女性は見知らぬ人と相乗りする不安が大きい」(岩崎社長)ため、利用者は20~30代の男性が中心。会員同士の評価制度を導入するなど安全対策にも気を配っている。また、同じ帰宅ルートの人が少なく、利用を断念せざるをえないケースもある。今後の成長のカギは“安心感”と会員数増による「帰宅ルート」の充実にありそうだ。

(許斐健太 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT