シャープ支援、取引銀行が追加金融支援を検討=関係筋

金利引き下げや融資枠設定など

[東京 9日 ロイター] - シャープ<6753.T>の再建をめぐり、取引銀行が金利引き下げなどの追加金融支援策を検討していることが9日、分かった。関係者が明らかにした。

シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の傘下で再建を図る見通しとなっているが、シャープ取引行の三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行の2行は、貸出金の金利引き下げなどを検討している。3月末に期限を迎える5100億円のシンジケート・ローンを延長した上で、金利を引き下げる。新たに融資枠の設定も検討する。

シャープに対しては12月末時点で、三菱UFJが約3000億円、みずほが約2600億円を貸し出している。シャープの金融負担を軽くすることで、再建を確実なものにする。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT