ドコモが「2年縛り」の自動更新を改善へ

無料解約期間を2カ月間に延長

 3月7日、NTTドコモは、2年契約の料金プランを解約する際に、無料で解約できる期間をこれまでの1カ月間から2カ月間に延長すると発表した。写真は駅の携帯電話利用者、都内で2015年10月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 7日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は7日、2年契約の料金プランを解約する際に、無料で解約できる期間をこれまでの1カ月間から2カ月間に延長すると発表した。

2月に契約満了を迎えたユーザーから適用する。これにより、例えば今月契約満了となるユーザーは、4月と5月の2カ月間無料で解約できるようになる。

2年単位の契約はいわゆる「2年縛り」と呼ばれ、途中で解約すると違約金が1万0260円(税込)かかる。契約は自動更新されるため、いつの間にか更新されていたとの苦情も少なくなく、総務省の有識者会議が改善を求めていた。KDDI(au)<9433.T>とソフトバンクも追随する予定だが、時期は明らかにしていない。

2年縛りをめぐっては、自動更新の仕組み自体を批判する声もあり、さらに見直しが進む可能性がある。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT