ドコモが「2年縛り」の自動更新を改善へ

無料解約期間を2カ月間に延長

 3月7日、NTTドコモは、2年契約の料金プランを解約する際に、無料で解約できる期間をこれまでの1カ月間から2カ月間に延長すると発表した。写真は駅の携帯電話利用者、都内で2015年10月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 7日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は7日、2年契約の料金プランを解約する際に、無料で解約できる期間をこれまでの1カ月間から2カ月間に延長すると発表した。

2月に契約満了を迎えたユーザーから適用する。これにより、例えば今月契約満了となるユーザーは、4月と5月の2カ月間無料で解約できるようになる。

2年単位の契約はいわゆる「2年縛り」と呼ばれ、途中で解約すると違約金が1万0260円(税込)かかる。契約は自動更新されるため、いつの間にか更新されていたとの苦情も少なくなく、総務省の有識者会議が改善を求めていた。KDDI(au)<9433.T>とソフトバンクも追随する予定だが、時期は明らかにしていない。

2年縛りをめぐっては、自動更新の仕組み自体を批判する声もあり、さらに見直しが進む可能性がある。

 

(志田義寧)

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。