ドコモが「2年縛り」の自動更新を改善へ

無料解約期間を2カ月間に延長

 3月7日、NTTドコモは、2年契約の料金プランを解約する際に、無料で解約できる期間をこれまでの1カ月間から2カ月間に延長すると発表した。写真は駅の携帯電話利用者、都内で2015年10月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 7日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は7日、2年契約の料金プランを解約する際に、無料で解約できる期間をこれまでの1カ月間から2カ月間に延長すると発表した。

2月に契約満了を迎えたユーザーから適用する。これにより、例えば今月契約満了となるユーザーは、4月と5月の2カ月間無料で解約できるようになる。

2年単位の契約はいわゆる「2年縛り」と呼ばれ、途中で解約すると違約金が1万0260円(税込)かかる。契約は自動更新されるため、いつの間にか更新されていたとの苦情も少なくなく、総務省の有識者会議が改善を求めていた。KDDI(au)<9433.T>とソフトバンクも追随する予定だが、時期は明らかにしていない。

2年縛りをめぐっては、自動更新の仕組み自体を批判する声もあり、さらに見直しが進む可能性がある。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。