寺よ、変われ 高橋卓志著

寺よ、変われ 高橋卓志著

いまや日本の仏教は瀕死の状態だと、自身寺の住職である著者は訴える。

葬儀と法事しかやらない「葬式仏教」と揶揄される寺。しかし、その葬儀までもが、葬祭ホールで行われるようになり、葬儀社主導の僧侶を排除した「直葬」といったものの台頭で寺から切り離されようとしている。

こうした根底には、これまでの葬儀の在り方や寺への不信感があるという。寺は檀家制度という既得権益のうえで安穏としているうちに、時代に取り残されてしまったのだ。このように寺の存在意義が失われようとしているのに、当事者の危機感は薄い。

宗教施設としての寺の役割とは何なのか、仏教の本質とは何なのかを改めて問う。

岩波新書 819円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。