シャープ「会計基準に基づき適切に開示」

「適切に開示しており新たなものはない」

 2月26日、シャープは、鴻海精密工業による買収について、「潜在的なリスクを含む経営状況の確認作業を行うなど最終契約に向け協議中」とコメント。写真は買収ニュース発表後の高橋社長。25日撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 26日 ロイター] - シャープ<6753.T>は26日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>との最終契約に関する報道を受け、「当社は鴻海精密工業との間で、当社の潜在的なリスクを含む経営状況に関する確認作業を行うなど最終契約に向けて協議している」とのコメントを発表した。

その上で、3000億円規模と報じられている偶発債務については、「会計基準に基づき、有価証券報告書、四半期報告書等で適切に開示しており、その他に開示が必要と認識しているものはない」と説明した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。