旧統一教会、3000組が韓国で合同結婚式

2012年に死去した文鮮明氏の妻が司会

2月20日、韓国で世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の合同結婚式が行われ、62カ国から約3000組が参加した(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[加平(カピョン、韓国)20日 ロイター] - 韓国で20日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の合同結婚式が行われ、62カ国から約3000組が参加した。韓国の本部責任者によると、オンラインでも世界から1万2000組が参加したという。

合同結婚式は、2012年に92歳で死去した教団創始者、文鮮明(ムン・ソンミョン)氏が1960年代初めに始めた。

20日の式では、文氏の妻が司会を行い、会場となった加平清心平和ワールドセンターには信者や来賓2万2000人が集結した。会場で結ばれた3000組のうち1000組は新規の結婚、2000組は入信前に結婚しており、合同結婚式であらためて献身するため出席したという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT