サントリー、2ケタ増益に潜む"あるカラクリ"

新浪社長が「蒸留酒の改革」に力を注ぐ理由

サントリーHDは2016年12月期の連結営業利益について、前期比1.6%増の1880億円となる見通しを発表している。ビームサントリーの成長が続く一方、ユーロ安によってSBFの欧州事業で原材料の輸入コストが膨らむことなどから、増益幅は小幅にとどまるという想定だ。

踊り場を経てサントリーHDが再成長を遂げるには、「1+1=2」という単純な足し算ではない、本格的なシナジーを早期に生み出す必要がある。

米国でリンゴ風味のウイスキーを発売

ライバルの攻勢を退け、「ジムビーム」ブランドのさらなる浸透を図る(撮影:今井康一)

グローバルの蒸留酒市場において3番手に位置するビームサントリーは、世界中に販売のネットワークを持つ。新浪社長はドイツ、豪州、ロシア、メキシコ、インドなどを重点国に挙げつつも、目下の最大の課題は本拠地である米国での足場固めだとする。

世界最大の蒸留酒市場である米国には、この分野で世界1位の英ディアジオや同2位の仏ペルノ・リカールが攻勢をかけている。若年層や人口の増加が続くヒスパニック層を囲い込もうと、主力の「ジムビーム」ブランドからリンゴ風味のウイスキーを投入した。豊富な品ぞろえを武器に、さらなるブランドの浸透を目論む。

新浪社長は昨年12月のインタビューで、「日本と違って、米国では(醸造家の思いなど)ストーリーのあるクラフトウイスキーを好む若者が多い」と語っていた。こうした層には「メーカーズマーク」や「ノブクリーク」などの高価格帯ウイスキーを売り込んでいく構えだ。

むろん、米国にかかりきりになって、新興国を放置しておくわけでもない。インドなどでは、スコッチウイスキーの「ティーチャーズ」のように比較的値頃な製品を拡販する。これまで十分に生かしきれていなかった既存の販路を、徹底的に活用する方針だ。

一方で、ブランドを世界中で浸透させるには、継続的な品質の向上が欠かせない。ビームサントリーは昨年、日米欧の技術者を集め、「ウイスキーカウンシル」という委員会を立ち上げた。原料から醸造、貯蔵、ブレンドに至るまで、生産技術に関する各国の知恵を結集させ、徹底的に議論し、味や香りを追究する。

一連の取り組みを通じ、ビームサントリーは現在約1000億円のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)を、2020年末までに倍増することを目指す。10月に就任3年目を迎える新浪社長。2016年は、ビーム買収の真の成果を早期に生み出すための“仕込み”の1年となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。